3D測定

最先端のレーザースキャナによる高精度な3D測定

既設設備の改造工事案件の測定作業などでお困りになられた事はありませんか?

  • 高所配管や電気ラック・サポート等、足場を組まないと測れないけど工事前で足場が組めない。
  • 天井から上部階への配管位置が測定できない。
  • 既設の図面が古くデーター化されていない、図面が無い・・など。
  • 躯体がどうも図面と違っている・・・

「株式会社ジェイコフ」では最先端のレーザースキャナーを導入。高精度な3D測定で測定作業の「困った」を解決します。

屋内・屋外問わずデータ取得が可能

FARO Laser Scanner Focusは、迅速で簡単かつミリ単位の正確さでスキャンできる3Dレーザースキャナ。プラントや配管設備を既存の設備内にレイアウトする際や建物内に新たな配管を通す場合などでも、きわめて効率的な点群データ収集が可能です。今まで困難であった高所などでも正確な計測が可能となりました。また、一度測定した個所は詳細なデーターがあるので
計画変更・ルート変更等時に再測定せずに検討が可能。時間とコスト削減にも大きく寄与します。

HDR画像に対応

屋内・屋外問わずデータ取得が可能

その他の用途&メリット
1. 複雑形状でも高精度で採寸

人力では計測が難しい複雑な形状の設備や入り組んだ環境でも問題なく計測できます。

2. 計測の効率化で大幅なコストダウンが可能

これまで途方もない労力を要していた計測作業が簡単にしかもスピーディーに行えるので、設計コストの点でもたいへん有利です。

点群処理ソフト 「Infipoints」

FARO Laser Scanner Focusで計測した点群を処理するソフトとして「Infipoints」を導入しております。「infipoint」は配管(円柱形状の構造物)と平面(躯体)を認識しモデル化する機能があり、3D測定した点群データーを素早くモデリングできます。

  • 複雑なプロセスを経ずに、ワンストップで点群処理が可能
  • 複雑なプロセスを経ずに、ワンストップで点群処理が可能

これまで、点群データの処理からシミュレーション、モデリング、図面作成という一連の作業は、別々のソフトで段階的に行うのが一般的でした。しかし、InfiPointsを使えばこれらをワンストップで処理できるため、作業効率の大幅な改善、時短化が図れます。さらに、最新の3DレーザースキャナであるFARO Laser Scanner Focusとの連携で、各段に高精度なシミュレーションが可能になりました。

改造工事のシュミレーション事例

機器及び接続配管の撤去更新及び架台の増設工事のシュミレーションです。
計測した点群データーから撤去する機器及び配管のレイヤーを変更し、撤去イメージの作成。
そこに3D CADで作成した更新モデル(機器・配管・架台)を合成しモデルを作成。

  • 3D CADプラント配管設計
  • 3D CADプラント配管設計
  • 3D CADプラント配管設計
ワークフローを簡略化するInfiPointsの基本5機能
データ読み込み データ前処理 シミュレーション モデリング 図面作成
FARO Laser Scanner Focusとの連携で
リニューアル施工時のトラブルも解消

既存の建物に配管を新設する場合、その場所の図面が残っていなかったり、図面と現状が食い違っていたりすることがよくあります。しかし、FARO Laser Scanner FocusとInfiPointsを活用すれば、手軽にしかもスピーディーに採寸⇒点群データ処理が行えるので、現状の把握もきわめて容易。従来のように、現場へ何度も足を運び人力で計測するといった非効率を徹底して排除でき、コスト圧縮にもつながります。もし、お客様の手元に正確な図面がない場合は、ぜひジェイコフにご相談ください。

特長とメリット
1. 高速・高精度なシミュレーション
  • InfiPointsのメリットはその手軽さ。3Dレーザースキャナで計測した大規模な建物やプラントの点群データでもお手元のPC上で容易に確認できるので作業効率が上がります。
  • FARO Laser Scanner Focusとの連携で、建物や設備の採寸⇒点群データ処理も格段にスピーディー。一度、画像化してしまえば、現場確認のために何度も足を運ばなくて済みます。
  • InfiPointsなら、複数の点群データを高精度でレイヤー合成して画像データとして出力することも容易です。
2. 高度な自動化で作業フローを簡略
  • FARO Laser Scanner Focusで異なる角度から計測した点群データの位置合わせも自動で行え、手間がかかりません。
  • 配管・設備・鋼材などをCADでモデル化するとたいへんな手間がかかりますが、InfiPointsなら円柱や平面の形状を点群から自動で抽出できるので、こうしたムダを大幅に削減できます。
3. シームレスなデータ連携
  • 多様なファイル形式でデータ出力が可能なので、BIMソフトや設備CADとの連携もスムーズ。新築だけなくリニューアル施工でも3Dデータを活用したワークフローを簡単に構築できます。
  • InfiPointsなら点群から作成したモデルの形状はもちろん、長さや径といった数値データを別途出力できます。